胃ろうと食事について、口から食べることの大切さ

病気になり、食事が食べれなくなってくると、胃ろうをおこなう場合が多くあります、私の母もそうでしたが、胃ろうになると元気がなくなります、口から入る栄養と同じ栄養なのですが、自分で、食べるということの大切さは、生きるということに繋がるのです、生きるということに対する意欲が亡くなってくるのでしょう、胃ろうでは、きっと、味も感じないのでしょう、フランス料理のフルコースの胃ろう用の食事が出てきても味も素っ気もないのでは、食べた美味しかったというものがないと、ただ栄養を取ったと言うだけにすぎないのでは、食欲に関係ない栄養になるのです、口から食べて、味を感じることは人間の良くなのです、だから食欲と言うのです、医療が進むと人間を生かすための最低限の栄養だけで、生かせると思うのだと思いますが、大切なことを忘れては困ります、そこまでしていきていると言えるのでしょうか、私は胃ろうを実際に見てきたものとして、最後は拒否をします。ベルタ酵素 売ってる場所

胃ろうと食事について、口から食べることの大切さ