女子テニスの大坂なおみさんの快進撃が止まらない。

東レ、パンパシフィック女子テニスで、大坂なおみさんが安定感のあるテニスで皆を魅了しています。全米オープン女子シングルスで初優勝を果たし、波に乗っている感じを受けます。メンタル面でも大切なことは我慢といい、前向きにテニスに向き合えるようになったといいます。コーチが変わったことも要因になっているといわれています。

コーチが変わったくらいで成績が変わるのかとも思いますが、確かに、学校の部活動の指導者が変わると、成績が変動したりするものですね。大坂さんのコーチのサーシャ・バイン氏は選手ごとに試合前のルーティンを確立させることが大切と話し、対話して共通の認識があれば強い絆が生まれると話しています。大坂さんにいつもポジティブな言葉をかけ続けて、常に前向きです。サーシャコーチになってから、精神面で我慢すること、気持ちをコントロールする事ができるようになったそうです。イケメンなコーチに「君ならできる」なんて言われてみたいですよね。

女子テニスの大坂なおみさんの快進撃が止まらない。